• 近年、環境問題への対策として利用が高まっている太陽光発電などに代表される再生可能エネルギーにおいてシステムの高効率化とメンテナンスフリー化が推進されている。高効率化のためにシステムの高電圧化が加速しており、また大電流通電時の発熱における種々の不具合抑制のため、系統連系部に使用されるリレーについても...
    高橋 慶、田尻 さやか、野田 将之
    • 低接触抵抗
    • 高容量開閉
    • 集中抵抗
    • 開閉機構
    • 衝撃力
  • When installing robot systems in manufacturing applications, only 20 to 30% of the cost is due to the hardware, while more than 50% of the cost comes from system integration, such as setting up, programming and connecting peripheral devices into a unified system. Given the labor shortages both in Japan...
    FELIX von drigalski、NAKASHIMA Chisato、KASAURA Kazumi、CRISTIAN beltran-hernandez
    • ロボティクス
    • ロボット自動組立
    • マニピレーション
    • コンピュータビジョン
    • WRS
  • 深層学習の恩恵として、各種データでの既存のタスクの精度が大きく向上したという点以外に、それぞれ隣同士だったはずなのに専門性の強いパイプラインを構築していた結果として生じていた相互参入障壁が大きく緩和された点も特筆するべき点である。例えば、今まで画像認識を専門として研究開発を進めていた...
    牛久 祥孝
    • クロスモーダル
    • マルチモーダル
    • 深層学習
    • 機械学習
  • 移動ロボットの自律移動システムは搭載センサによる環境認識と地図構築、その地図上での自己位置認識に基づく経路計画によって構成される。静的な環境においては事前に地図構築を行い、環境センサ情報を登録地図と照合することにより比較的安定して移動システムを動作させることができるが、人が介在する...
    西村 真衣
    • 自己位置推定
    • SLAM
    • ロボティクス
    • ナビゲーション
    • トラッキング
  • 経路計画は、環境中において与えられたスタートからゴールまでの障害物と衝突しない経路を出力する問題であり、モバイルロボットの自律移動におけるグローバルプラニングやマニピュレータの動作計画など、様々な分野において広く取り組まれている。このような経路計画問題に対して、機械学習を...
    谷合 竜典、米谷 竜
    • 経路計画
    • A*探索
    • 深層学習
    • グローバルプラニング
    • 微分可能
  • システムインテグレータは顧客の要望する作業を自動化するためにロボットをプログラミングする。ロボットシステムが構築される時だけではなく生産内容に軽微な変更が生じる時にも都度、プログラミングに大きな労力が必要とされている。もしロボットが自律的に新しい作業を学習できれば、この労力を省ける...
    田中 一敏
    • ロボット
    • 転移学習
    • 機械学習
    • 強化学習
    • 製品組立作業
  • 近年の目覚ましい学習技術の発展により、ロボットが複雑な作業を自律的に達成できる可能性を示してきた。し かし、その背景には、ロボットが適切に動作するまでにパラメータや制御目標(報酬関数)の設計をはじめとする、 無視できない手間や労力がある。さらに、たとえ制御器(方策)を適切に学習できても...
    濵屋 政志
    • ヒューマンロボットインタラクション
    • ロボット学習
    • 機械学習
    • 強化学習
    • ソフトロボティクス
  • ステレオマッチングは、自動運転における環境認識や自律走行ロボットの SLAM、Augmented Reality( AR)、3 次元スキャンなど、さまざまな分野において基盤的技術要素となっている3 次元画像計測技術の一つである。コンピュータビジョン分野の歴史の中で、最も古くから取り組まれている問題の一つでもあるが、物理的...
    谷合 竜典
    • ステレオマッチング
    • 3次元画像計測
    • AI技術
    • 機械学習
    • コンピュータビジョン
  • As a machine learning framework, decentralized learning aims to address the difficulties of data collection and annotation by breaking down and assigning these tasks to a group of clients to utilize their own data resources. Federated learning is a conventional approach of decentralized learning,...
    MA Jiaxin
    • 知識蒸留
    • 非集中学習
    • 連合学習
    • 機械学習
    • プライバシー
  • 連合学習入門

    機械学習、とりわけ深層ニューラルネットワークのような複雑なモデルを学習する場合において、大量かつ多様な学習データを収集することは重要である。これに対して連合学習は、通信ネットワークに接続された多数のクライアント計算機がローカルに保持するデータを各々個別に活用することによって、結果的に大規模な...
    米谷 竜
    • 連合学習
    • 分散学習
    • 通信
    • 機械学習
    • プライバシー
  • 私たちの日常にロボットが進出するにつれ、人が介在する環境下におけるロボットナビゲーション技術はますます重要なものとなってきている。我々人間は混雑した駅構内やショッピングモールなど様々な場所、状況において社会規範を守りながら目的地に到達するために高度な意思決定を行っているが、同等の...
    西村 真衣
    • 強化学習
    • ナビゲーション
    • ロボティクス
    • 経路計画
    • 衝突回避
  • 我々は、柔軟要素を持つしなやかなロボットを使用して、より容易に実現できる組立自動化を目指している。柔らかさによって対象物体との馴染みが生じ、部品の破損やロボットの緊急停止が起きにくくなり、その結果、本来必要であったセンシングや制御計画に対する労力を大幅に削減できると期待される。一方で、柔らかさ...
    濵屋 政志
    • ソフトロボティクス
    • ロボット学習
    • 機械学習
    • 強化学習
    • ロボット自動組立
  • 組立作業や創薬実験、生化学実験を始め、複数のものを組み合わせ、様々な工程を経て価値の高いプロダクトを作り上げる作業は、わかりやすい価値創出の方法であろう。このような作業を機械に理解させることができれば、該当のシーン検索から手順書の生成、果てはロボットによる作業の代替まで、機械との...
    橋本 敦史
    • AI技術
    • Vision&Language
    • 手順書理解
    • 文書生成
    • 深層学習
  • ある環境におけるタスクに関して獲得された知識を活用し、別の環境におけるタスクの学習を効率化するアプローチとして転移学習がある。本稿では特に転移強化学習をとりあげ、その概要を紹介するとともに、著者らの最近の成果である MULTIPOLAR (MULTI-source POLicy AggRegation) を解説...
    米谷 竜
    • AI技術
    • 強化学習
    • 転移学習
    • モデル統合
    • 効率的学習
  • ロボットは製品生産ラインに組み込まれ、製品の大量生産に使われてきた。同一動作の反復しかできないロボットが、臨機応変に作業を行って人手の作業を代われるようになれば、製品を利用する一人ひとりに合った製品を提供できるようになる。部品の相対位置を正確に合わせて部品同士をはめあわせる製品組立作業は、ロボットに...
    田中 一敏
    • ソフトロボット
    • 製品組立作業
    • 柔軟手首
    • ロック機構
    • 可変剛性機構
  • 人々の余暇創造および娯楽であり、エンターテインメントを提供する観光産業でもあるカジノ業界で、近年、カジノマシンの進化が激しくなっており、カジノフロアにいる人々を惹きつけ、プレイ中の人々に没入感を与えるカジノマシンの電飾をはじめとする演出内容も年々進化している。このような業界トレンドにもかかわらず、カジノマシンでゲームを開始する重要な役割を持つSPINボタンは、押し感触が...
    工藤 卓也、鷲見 昌昭、阿形 剛宏、鬼塚 浩之
    • メカニカルコンポ開発・設計
    • 薄型構造
    • 透過構造
    • 高耐久
    • 耐衝撃
  • 我々は、人と機械の未来の関係性「融和」を訴求するために、人とラリーを継続しインタラクションする卓球ロボット「フォルフェウス」を開発している。年々の開発により卓球ロボットの返球性能は高まっているが、単調なラリーが続く傾向があり、ラリーを継続するためのモチベーションが低下してしまう問題があった。そこで我々は、人がラリーを継続して行うことに対するモチベーションを向上させること...
    中山 雅宗、栗栖 崇紀、水野 勇太、三宅 陽一郎、八瀬 哲志
    • 卓球ロボット
    • 動作解析
    • バイタルセンシング
    • 感情推定
    • メタAI
  • 近年、工場で使用される自律走行ロボット、介護ロボットなど様々なサービスロボットにおいて、広い視野角で3次元(3D)の情報を取得できる3D TOFセンサに注目が集まっている。3D TOFセンサは空間の情報を取得できることから、これまで使用されてきた変位センサや2次元カメラからの代替が期待されている。TOF方式とは光の飛行時間から距離を計測する方式であり、TOFセンサは一般的なCMOSイメージセンサ...
    田中 宏行、石井 昭宏
    • 距離センサ
    • TOF (Time of Flight)
    • 3次元
    • 高精度
    • 距離画像
  • IoT の普及に伴い、インターネットには組込機器も接続されるようになり、セキュリティ攻撃の危機にさらされている。セキュリティ攻撃によって組込機器の制御が停止させられると、大きな損失が予想される。従って、攻撃を受けても制御を停止させないような対策が求められている。セキュリティ攻撃を受けた際、即座にその攻撃の種類を特定できれば、攻撃に合った対応を自動的に実施できる。...
    小河原 徹、山本 泰生、曾 珍、廣部 直樹
    • セキュリティ
    • 組込機器
    • 攻撃検知
    • 攻撃分類
  • 近年、あらゆる“モノ”同士がネットワークにより繋がり合う「IoT(Internet of Things)」が注目されている。さまざまな状態をセンシングし、取得したデータを分析・活用することで新たなサービス創造が期待されるIoTでは、従来型の単機能センサではなく、センシングした様々な物理量を上位システムで扱いやすい形に処理し、内蔵する通信機能でデータを送信する高機能なセンサモジュールが活用される。そこでは超小型で設置...
    元木 悠平、上田 直亜、三笘 佳代
    • IoT
    • 環境センサ
    • 無線
    • USB電源
    • アルゴリズム
  • 我々は、人と機械の関係の未来像「人と機械の融和」を表現するため、人とロボットでラリーというインタラクションができる卓球ロボット“フォルフェウス”を開発している。 卓球ロボットが卓球ボール(以下、ピン球)を返球するには、返球前後のピン球の軌跡予測及び返球時のラケットの動作計画をする必要がある。特に、ピン球の回転速度に...
    浅井 恭平、中山 雅宗、八瀬 哲志
    • ロボティクス
    • AI技術
    • 最適化
    • 動力学解析
  • 空気清浄機向け微小粒子検出センサ開発

    光学技術と集塵構造による粒子検出精度の向上について
    微小粒子状物質PM2.5による大気汚染が話題となり人々の関心が高まっている。P...
    河合 肇 、宮本 寛之 、広瀬 勇司 、山村 聡
    • 空気清浄機
    • 微小粒子検出センサ
    • 高感度フォトIC
    • 集塵構造
    • 高周波フィルタリング
  • 小型音響センサの高精度化開発

    MEMSセンサの低ノイズ化を実現するダンピング制御技術, 薄膜形成技術について
    音声認識やノイズキャンセリングといった音響センシングニーズが多様化するのに伴...
    井上 匡志 、内田 雄喜 、石本 浩一 、堀本 恭弘
    • MEMS音響センサ
    • スリットダイヤフラム構造
    • 自己ノイズ低減
    • 挟ピッチホール配置
    • エッチングプロセス安定化技術

冊子版 OMRON TECHNICS