情報制御と安全制御を進化させたコントローラー「NX502」を新発売 高い生産品質の実現とエネルギー生産性の向上に貢献

  • 2023年04月17日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、執行役員社長CEO: 辻永順太)は、情報制御と安全制御を進化させたオートメーションコントローラー NXシリーズCPUユニット「形NX502-100」(以下、「NX502」)と、EtherNet/IPTMユニット「形NX-EIP201」(以下、「NX-EIP201」)を2023年4月24日にグローバルで一斉に発売します。

NX502

ESG経営の重要性の高まりを受け、製造現場でもカーボンニュートラル実現に向けた取り組みが活発化しています。また、xEVやデジタルデバイスなど、著しい技術革新が進む製品に関わる製造現場では、急激な需要変動に対応するため、迅速な歩留まり改善や柔軟な設備設計に対応できるライン構築が課題となっています。

新たなCPUユニット「NX502」とEtherNet/IPユニット「NX-EIP201」は、オムロン独自の高度な情報処理・通信技術および大容量メモリの採用により、リアルタイムでの分析や工程のモジュール*1などを実現します。これにより、生産現場における資源廃棄ロスの削減、ライン変更時のリードタイム短縮に貢献します。

主な特徴

  • (1) 世界最高精度*2のデータ収集能力と大容量転送能力により生産現場における資源廃棄ロスを削減
    ジッタ1μs以下の高精度データ収集能力と同等クラスのコントローラーに比べて約4倍*3のデータ転送能力により、生産関連データ(温度・圧力・流量など)を分析、加工条件にリアルタイムに反映できます。不良品の要因となる工程の迅速な改善を実現し、さまざまな生産現場での資源廃棄ロスを削減します。

    図1

    図2

    【アプリケーション事例】 精密な製品加工を求められる結晶製造プロセス
    高品質な結晶を生成するためには、生産関連データを条件によってリアルタイムに変動させなければならず、ボトルネックである通信性能の限界により、製造品質が安定しない課題がありました。NX502の高い情報処理能力により早期に原因を特定し、生産状況の改善につなげ、結晶の安定的な量産に貢献します。

  • (2) NXシリーズ初の大規模&高速安全の統合制御技術*4により生産ライン変更時のリードタイム短縮
    NX502とNX-EIP201で進化した統合制御技術により、最大8系統のネットワーク系統分離によるモジュール分割と、最大254本の安全コネクション*5までの大規模生産ラインを制御できます。これにより、大規模なラインでも全体の操業への影響を最小限とした部分的な工程の調整・チェックを行うことができ、ライン変更時のリードタイムを大幅に短縮することで、エネルギー生産性を最大化します。

    図3

    図4

    【アプリケーション事例】 多品種を取り扱うボディフレーム溶接ライン
    市場ニーズの多様化により、様々な車種の混流生産が求められる中で工程の追加や変更が必要な場合は、該当箇所のみを停止するなどの工夫でリードタイムの最小化が求められます。NX502とNX-EIP201は、安全を含めたネットワーク系統を分離することが可能です。溶接工程の追加などの細やかなものづくり現場の変更にも柔軟に対応し、生産の効率化に貢献します。


オムロンは、モノづくり革新コンセプトi-Automation!を掲げ、強みである制御技術を活かし、製造現場の生産性向上に貢献してきました。今後は、製造現場の生産性向上に加え、生産のカーボンニュートラルなど、サステナブルなモノづくり現場への進化を通じ、オートメーションで人、産業、地球の豊かな未来を創造します。

注釈
※1: 生産ラインにおける各工程を機能単位に分割し、柔軟に変更しやすい状態にしておくこと
※2: 当社調べ。2023年3月31日時点
※3: 当社調べ。当社NJ501との比較。2023年3月31日時点
※4: オムロン独自のマルチコア技術によって情報処理と安全処理と制御を同時に実現する技術
※5: 2種類の安全通信規格「CIP Safety™」、「FSoE (Safety over EtherCAT®)」に対応

・EtherCAT®、Safety over EtherCAT®は、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスを受けた特許取得済み技術であり登録商標です。
・CIP SafetyTM, EtherNet/IPTMはODVAの商標です。

<「NX502」「NX-EIP21」の特設サイトはこちら>
https://www.fa.omron.co.jp/product/promotion/nx502/

<“i-Automation!”について>
オムロンは、独自のコンセプト“i-Automation!”を進化させ、モノづくり革新を牽引しながら、地球環境との共存と働く人の働きがいを実現し、持続可能な産業の発展に貢献する新たなオートメーションを創出します。 未来のモノづくりに向け、「人を超える自働化」、「人と機械の高度協調」という新たな生産性のあり方を追求し、これらを支える「デジタルエンジニアリング革新」を通じ、オートメーションで人、産業、地球の豊かな未来を創造してまいります。




<オムロン株式会社について>
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、ヘルスケア、社会システム、電子部品など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/をご参照ください。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社 ブランドコミュニケーション部
TEL:075-344-7175
事業に関するお問い合わせ先/一般のお客様からのお問い合わせ先
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
商品事業本部 コントローラ事業部
TEL:075-344-7173

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。