次世代のモノづくり革新を実現する拠点「オートメーションセンタ KUSATSU」リニューアルオープン ~5G、AI、IoT、ロボティクスなどの先進技術を組み合わせた新たなモノづくり検証エリア~

  • 2022年01月12日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、滋賀県草津市の草津事業所内にある、「オートメーションセンタ KUSATSU(ATC-KUSATSU)」を1月12日にリニューアルオープンします。ATCは、全世界で37ヶ所あり、世界最高水準のオートメーション技術を製造業各社に提供しお客様と共に、お客様の課題を解決するソリューションを創る拠点です。ATC-KUSATSUは、世界で初めてのオムロンのオートメーションセンタとして2011年に誕生し、最先端のFA技術で製造現場の自動化を加速し、深刻な社会問題である、製造業の人手不足の解決に貢献してきました。

今回のリニューアルでは、デジタル技術を駆使し、最先端のFA技術でリアルな工場をデジタル空間上に再現することを可能としました。事前シミュレーションや他のATC拠点とリモートでつなぐことで他ATCにおけるソリューションを体感、実機実証による顧客価値を創造する施設として生まれ変わりました。これにより、オートメーションの進化で製造現場の生産性を飛躍的に高め、付加価値の高いモノづくりの実現を目指す、オムロン独自の製造現場の革新コンセプトである“i-Automation!”の世界を実現していきます。ATC-KUSATSUは、技術・開発・製造機能を同拠点内に唯一所有するATCです。オムロンの持つ20万点以上にも及ぶ制御機器とソフトウェアやサービスを高度にすり合わせた革新的な技術と制御アプリケーションを使用し、お客様の課題に合わせた解決策を実証いただけるほか、お客様が各種機器の導入に必要となる技術トレーニングを提供していきます。さらに、お客様の装置の持ち込み検証など、お客様の使用環境に合わせた実証実験が可能な最大の「POC-KUSATSU」も併設し、実機による各種アプリケーションのテスティング、お客様の導入課題の実機検証を実施していきます。また、「POC-KUSATSU」は、昨年末にローカル5G無線局免許を取得しており、協調ロボットやモバイルロボットなど各種ロボットに加え、5GやAIなどの先端技術を組み合わせた実証実験が可能となります。

オムロンは、革新が求められる製造現場の課題にお客様と取り組み、お客様のモノづくりを革新することで社会的課題を解決し、世界中の人々の生活を豊かにすることを目指していきます。

リニューアルオープンした「オートメーションセンタ KUSATSU」


<施設概要>
オートメーションセンタ KUSATSU / POC-KUSATSU
住所:滋賀県草津市西草津2-2-1    面積: 708㎡ (214.17坪)

<主な機能>

  • DXコーナーのコックピット(マルチディスプレイ)で工場のリアルな自動化事例を体感
  • 5Gを活用した、フリー生産ラインの実証、共同検証の実施
  • お客様の課題解決に貢献できるデモ機の体験、技術交流
  • 課題解決のための「アプリケーションの開発」
  • 解決策の実現に向けた実証、共同検証の実施
  • 現場導入のための技術トレーニングの提供

<見学方法>
法人のお客様を対象とした事前予約制です。詳細は営業担当窓口までお問い合わせください。 新規のお客様は以下の営業拠点一覧から最寄りの営業拠点にお問い合わせください。
https://www.fa.omron.co.jp/view/sales/local/ocShoplist.cgi

ATC(オートメーションセンタ)について
ATCとは、世界最高水準のオートメーション技術を製造業各社に提供し、世界各地における産業の発展、高度化を支えるための、オムロンが誇るFA技術の集積拠点です。2011年より設置が開始され、現在は全世界で37カ所の拠点で、各エリアの製造業各社に対し様々な技術ノウハウや生産に関する課題解決策の提供を行い、各社の技術革新、競争力向上を支援してまいりました。現在、ATCは、オムロンが世界に保有する開発・生産・販売ネットワークを結ぶ、最先端技術の中核基地としの役割を担い、常にFAに関する最新技術やノウハウ、規格情報をグローバルに共有し合うことで、各エリアにおける製造業の進化を支えています。
https://www.fa.omron.co.jp/about/automation-center/global/

“i-Automation!”について
オムロンは、製造業のモノづくり現場を革新するコンセプト"i-Automation!"のもと、次の3つの"i"からなる オートメーションの進化によって製造現場の生産性を飛躍的に高め、付加価値の高いモノづくりの実現を目指しています。「integrated(制御進化)」は、これまで熟練工に頼っていた匠の技を、誰もが簡単に実現できるよう、オートメーション技術を進化させます。「intelligent(知能化)」は、幅広い制御機機器とAIを活用し、機械が自ら学習して状態を保全するなど、進化し続ける装置や生産ラインを実現します。「interactive(人と機械の新しい協調)」は、同じワークスペースで人と機械が共に働き、機械が人の動きや考えを理解しアシストするなど、生産現場を知り尽くす制御機器メーカーのオムロンならではの、人と機械の新しい協調関係を提供します。

オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約 30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/ をご参照ください。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL:075-344-7175

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。