オムロン京都太陽の社員が「障害者優良勤労者知事表彰」を2年連続受賞

  • 2021年011月24日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社の特例子会社であるオムロン京都太陽株式会社(以下、オムロン京都太陽)の社員が、2021年11月22日、京都府が主催する「障害者雇用優良事業所等知事表彰」において、「障害者優良勤労者知事表彰」を受賞しましたのでお知らせします。昨年のオムロン京都太陽社員の受賞に続き、2年連続受賞となります。

京都府西脇知事(左)と「優良勤労者知事表彰」を受賞した和田 尚広(右)京都府西脇知事(左)と「優良勤労者知事表彰」を受賞した和田 尚広(右)


「障害者雇用優良事業所等知事表彰」は、障害のある方の労務管理に万全を期し、雇用が安定している事業所、雇用の促進と職業の安定に著しく貢献した団体又は個人、障害と向き合いながら長く勤務されている方に対する、京都府知事表彰です。

障害を克服し精進されている優良勤労者として、「優良勤労者知事表彰」を初めて受賞した、和田尚広(わだ なおひろ)は、「生産した製品の品質管理担当として、すべての製品に熟知し、検査業務の第一人者として活躍。また、会社設立時からの社員で、車いすで作業できるよう、試行錯誤を繰り返し、作業環境を作り上げたこと」が評価されました。

今回の受賞にあたって、和田は「このような賞を頂きましたこと大変光栄に思っております。これまで様々な苦難に直面をしてきましたが、同じ職場で働く仲間と共に助け合い、またご支援ご指導を頂きながら本日まで頑張ることが出来ました。これからも、お客様第一を考え、より良い製品を提供できるよう努力してまいります」と、今後の抱負を力強く語っています。

オムロンはこれからも、企業理念を拠りどころに障がい者を含めた多様な社員一人ひとりが個々の能力や個性を最大限に発揮し、活躍できる機会の提供をつうじて、イノベーションを創出し、よりよい社会、人が輝く豊かな社会づくりに貢献し続けてまいります。

京都府障害者雇用優良事業所等表彰について
障害のある方を積極的に多数雇用している事業所、雇用の促進と職業の安定に著しく貢献した団体 又は個人、障害と向き合いながら長く勤務されている個人の方に対し、京都府知事表彰を行っています。

http://www.pref.kyoto.jp/h-ninsyo/chijihyoushou.html


オムロン太陽株式会社について
オムロン京都太陽は、オムロン株式会社と社会福祉法人 太陽の家の共同出資により1985年、主要製品である制御機器の生産工場として設立しました。「社会福祉法人 太陽の家」の創設者、中村裕先生と、オムロン創業者 立石一真の出会いにより、1972年に日本初の福祉工場として設立された、「オムロン太陽」に次ぐ2番目のオムロングループの特例子会社の工場となります。中村先生が掲げた、「No Charity, but a Chance! 〜保護より機会を〜」、そして、オムロンの社憲、「われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう」の理念のもと、障がい者雇用の促進活動や障がい者雇用ノウハウを広く社会に提供する活動に取り組んでいます。
https://www.kyoto-taiyo.omron.co.jp/

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。