NTTコミュニケーションズ主導で実施する欧州「GAIA-X」と企業・団体の各種システムの相互接続トライアルにオムロンが参画 ~サプライチェーンを構成する企業同士の国際間の安全なデータ活用に貢献~

  • 2021年10月14日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長CEO: 山田義仁)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)が主導し、2021年10月14日から開始する欧州統合データ基盤プロジェクト「GAIA-X」※1の相互接続トライアル(以下 本実験)に、自社のコントローラー技術で参画します。

欧州では、コロナ禍をきっかけにIndustry4.0の具現化が加速し、情報の流通が企業の枠を超えてバリューチェーンに拡大し、デジタル情報やデータを企業間で安全に流通させる仕組みが求められています。こうした中、欧州諸国で事業を行う企業各社は、2022年4月より「GAIA-X」への対応が求められる可能性があり、対応の可否に応じて欧州とのデータ流通を介したビジネスに対する企業の選別がなされることが見込まれています。他方、「GAIA-X」に対応するためには、特殊な技能を有する技術者の確保や大規模なシステム改修、煩雑な接続認証取得が個々に必要となり、個別の企業での対応には困難が想定されます。そこで、本実験では、企業各社の負担を軽減すべく、「GAIA-X」に準拠する欧州のシステムと企業各社の各種システムを相互接続するプラットフォームの商用化を目指します。

「GAIA-X」に準拠し、国や業界における慣習や法律の違いなどを超え、安全かつ円滑に情報流通を実現するためには、国際標準技術※2を用いることが必要不可欠です。オムロンは、OPC-UAなど国際標準技術に準拠したコントローラーを用い、NTT Comが商用化を図るデータ連携プラットフォームと「GAIA-X」との接続を行います。具体的には、オムロンの「IoTゲートウェイ対応コントローラー」とNTT Comが開発したIDS(GAIA-Xで採用される技術標準)を用いて構築したテストベッドを接続させ、国や企業の枠を超えたデータモデルの標準化や国際データ連携プラットフォームの実用性を検証します。

オムロンは、モノづくり現場における5G活用の実証実験を進める、NTTグループとの協力関係を発展させ、本実験に取り組むことで、モノづくりの現場のデジタル化をサポートしてまいります。

今後の展開
オムロンは、戦略コンセプトとして、"i-Automation!"を掲げ、独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供し、製造業のモノづくり現場の革新をサポートしてきました。コロナ禍をきっかけに加速したデジタル化を背景に、仮想化、ソフトウェア化といった情報化社会を見据え"i-Automation!"の更なる進化の実現に取り組み、以下を展開してまいります。

  • 製造現場における更なる高度なモノづくりに伴う課題の解決
  • 設計・生産・保守までの情報連携、製造業におけるサプライチェーン革新の実現
  • カーボンニュートラルへの貢献
  • 持続的な産業を発展させることで、SDGsの達成に貢献

取り組みの概要

■実施期間 2021年10月14日~2022年3月(予定)
■実験場所 Step1 日本、 Step2 日本―オランダを想定(接続実証実験が一番早く開始されるため)
■実験内容 Step1 オムロンのコントローラーとNTT ComのプラットフォームプロトをOPC-UAで相互接続
Step2 オムロンのコントローラーをNTT Comのプラットフォームプロトを介してオランダの共有データスペースに接続

*1 「GAIA-X」とは、2019年10月にドイツ政府・フランス政府が発表した、セキュリティとデータ主権を保護しつつ、データ流通を支援するためのインフラ構想です。欧州の企業や行政、機関、市民の権利を守るためのデータ保護や透明性、信頼性の担保、相互運用性のあるデータ流通プラットフォームの社会実装を目指すものであり、欧州以外の市場参加者にも参加を呼びかけています。
*2 OPC-UA(国際標準データ通信モデル)やIDS (GAIA-Xで採用される技術標準)など

"i-Automation!" について
オムロンは、製造業のモノづくり現場を革新するコンセプトを"i-Automation!"のもと、次の3つの"i"からなる オートメーションの進化によって製造現場の生産性を飛躍的に高め、付加価値の高いモノづくりの実現を目指しています。「integrated(制御進化)」は、これまで熟練工に頼っていた匠の技を、誰もが簡単に実現できるよう、オートメーション技術を進化させます。「intelligent(知能化)」は、幅広い制御機器とAIを活用し、機械が自ら学習して状態を保全するなど、進化し続ける装置や生産ラインを実現します。「interactive(人と機械の新しい協調)」は、同じワークスペースで人と機械が共に働き、機械が人の動きや考えを理解しアシストするなど、生産現場を知り尽くす制御機器メーカーのオムロンならではの、人と機械の新しい協調関係を提供します。

オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/をご参照ください。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL:075-344-7175
事業に関するお問い合わせ先/一般のお客様からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
商品事業本部 コントローラ事業部 ネットワーク プロダクトマネージメントグループ
TEL:075-344-7173

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。