オムロン、多様な経験とスキルを持つ副業人財の公募
第2弾を開始 ~ ニューノーマル時代の事業創出、新ビジネスモデル開発への挑戦 ~

  • 2021年10月05日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁)は、多様な経験、高度な専門性や、スキルを持つ副業人財公募の第二弾を本日より開始いたします。

今回の公募では、オムロングループ内の4つの部門と子会社における9つのテーマで募集を行います。募集期間は、10月5日(火)から、11月1日(月)です。公募にあたっては、Visionalグループの株式会社ビズリーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 多田洋祐)が運営する、転職サイト「ビズリーチ」にて実施します。

副業人財公募概要

公募部門 公募内容 募集人数
ヒューマンルネッサンス研究所 未来予測理論オウンドメディアアドバイザー 若干名
イノベーション推進本部 インターナルコミュニケーションプランナー 若干名
新規事業向けUI/UXデザインアドバイザー 若干名
新規事業創出に向けたソリューションアドバイザー 若干名
新規事業立ち上げ/食品業界スペシャリスト 若干名
高齢者向けリハビリ支援サービス事業(中国)アドバイザー 若干名
技術・知財本部 技術戦略・知財戦略アドバイザー 若干名
エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー SFA推進アドバイザー 若干名
商品開発コンサルタント 若干名



前回、2021年5月に実施した公募では、オムロングループ内の5つの部門と子会社から8つのテーマで募集、約900名の方に応募いただき、9名の方を採用いたしました。採用した9名の方々は、医療や農業、都市開発などの領域における“コト”ビジネスの創出、コンシューマー向けアプリケーションの開発、ITシステムの導入など高い専門性を持ち、新たな感性や価値観とオムロン社員が融合し、風土改革やイノベーション創出につながっています。また、採用後に行ったアンケートでは、参画テーマの魅力について、採用者全員が「期待通り」と回答。「自分の経験を、本業をやりながら生かせる場がある」、「自身が取り組んでいる業務と違ったフィールドで知見の広がりを感じることができる」などといった、コメントが寄せられました。

オムロンは、ニューノーマル時代における持続的な成長を実現するための事業変革を進めており、この変革期における新たな事業創出、新ビジネスモデルへの挑戦に取り組んでいます。多岐に渡る事業の創出とそれを支える基盤構築を推進するためには、多様な経験や高度な専門性・スキルを持った人財が必要となります。一方、そうした人財は、既に他の企業や団体に所属していることが多いため、副業・兼業という選択肢を増やすことで、スピーディかつ柔軟に多様な人財を登用し、新たなイノベーション創出を期待しています。今回の公募でも、DX推進に係るデジタルツールのスキルや、技術戦略や新規事業創出に関わった経験やノウハウ、他業界での職務経験や知見など、様々な専門性を持つ社外の多様なプロフェッショナル人財を登用し、多種多様な事業を創出すると共にそれを支える基盤を構築します。

オムロンは、今後も継続して、副業人財を公募し、社外のプロフェッショナル人財とオムロン社員が連結することで、社会的課題を解決する新たな価値提供を次々と生み出せる、組織づくりを進めてまいります。


<オムロン株式会社について>
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケアなど多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/ をご参照ください。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社 ブランドコミュニケーション部
コーポレートコミュニケーショングループ
TEL:075-344-7175
応募者からのお問い合わせ先
オムロン エキスパートリンク株式会社
人財ソリューションセンタ  リクルーティング部
TEL:075-344-7031

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。