半導体・MEMS工場およびMEMS開発・生産機能の譲渡について

  • 2021年06月30日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長CEO:山田義仁、以下:オムロン)は、本日、当社が保有する半導体・MEMS工場およびMEMS開発・生産機能(以下、対象事業)を設立する新会社に会社分割により承継し、新会社の全株式をミネベアミツミ株式会社(本社:長野県北佐久郡、代表取締役会長兼社長:貝沼由久、以下:ミネベアミツミ)の子会社であるミツミ電機株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長執行役員:岩屋良造)に譲渡する契約を締結いたしました。なお株式譲渡は、10月1日に完了する予定です。

*Micro Electro Mechanical Systems

1. 背景
対象事業は、MEMS技術、CMOS技術、アナログIC技術の3つの技術を融合し、主にオムロンのヘルスケア事業や電子部品事業に供給する、圧力センサーやフローセンサー、サーマルセンサーなどを開発・製造しています。オムロンは、事業を通じた社会的課題の解決で持続的な成長を目指しています。現在、2022年度からスタートする次期長期ビジョンに向けたビジネスモデルの変革と、新事業創出に取り組む中、事業ポートフォリオマネジメントの強化を進めています。ミネベアミツミは、ベアリングをはじめ、モーター、センサー、半導体など幅広い製品ラインナップをもつ総合精密部品メーカーです。対象事業の有する半導体プロセス開発技術、生産技術および関連資産を譲渡することが、同事業の拡大や新規事業の創出など、高いシナジー効果を期待できると判断し、事業譲渡を決定いたしました。

2. 対象事業の概要

事業内容圧力センサー、フローセンサー、サーマルセンサーなどの生産・開発
従業員数187名(2021年3月末)
工場所在地滋賀県野洲市

3. 業績に与える影響
当社の2022年3月期業績への影響は軽微です。


<ミネベアミツミ株式会社について>
ミネベアミツミ株式会社は、機械の回転をスムーズにするベアリング(軸受)をはじめ、モーター、センサー、半導体など、様々な機械・電子部品を手がける相合(そうごう)*部品メーカーです。
同社の超精密技術は、エアコン・掃除機・ドライヤー、ゲーム機などの家電製品、スマートフォン・パソコンなどの情報機器、自動車・航空・宇宙製品、そして医療機器など、幅広い分野で使用されています。
詳細については、https://www.minebeamitsumi.com/をご参照ください。

* 相合:「総合」ではなく、「相い合わせる」ことを意味し、自社保有技術を融合、活用して「コア製品」を進化させるとともに、その進化した製品をさらに相合することでさまざまな分野で新たな製品を創出すること。

<オムロン株式会社について>
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケアなど多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/をご参照ください。

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。