オムロン、"Nokia ローカル5G テクノロジーパートナーシップ"に参画~製造業の課題を解決する5Gソリューションの開発を加速し、インダストリー4.0を推進~

  • 2020年12月09日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁、以下、オムロン)は、ノキア(本社 Nokia Solutions and Networks Oy、日本法人 ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社:東京都港区、代表執行役員社長:ジョン・ランカスターレノックス、以下、ノキア)と戦略的提携を結び、国内ローカル5Gエコシステムである「Nokia ローカル5G テクノロジーパートナーシップ」へ参画します。本エコシステムは、ノキアやオムロンをはじめとした国内マーケットリーダーの6社が協業し、幅広い業界における5Gソリューションの開発を加速することで、インダストリー 4.0の実現を推進するものです。オムロンは、本エコシステムを通して、製造現場における5Gを活用したソリューション開発を加速させ、製造業の課題解決を目指します。

c1208_1.png【オムロンのローカル5Gエコシステムでの役割】

製造業においては、熟練技術者不足や多品種少量生産など課題解決に向け、IoTによるデータを活用した生産性向上の取り組みが進んでおり、通信の無線化に対する要求が高まっています。しかし、工場で無線通信を使用するには、人やモノが動くことによる環境変化や、様々な機器から発信されるノイズなどの影響が多く、安定的で信頼性の高い無線品質を確保したソリューションの開発が必要となります。

本エコシステムにおいて、オムロンは、産業用ロボット、モバイルロボットなどの各種ロボット、画像処理機器や環境センサーなどの各種センサーや、それらを制御するコントローラーなどの機器を提供します。さらに、これまでのファクトリーオートメーションで培った制御技術と製造現場のノウハウや知見を活かした5Gソリューションを検証・開発することで、製造業の課題を解決するとともに、インダストリー4.0実現の推進を目指します。

オムロンは、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"のもと、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。2019年からは、通信キャリア主体の"公共性"の高い5G活用実証実験を開始し、5G電波測定と伝送実験や、人と機械の協調による生産性向上に向けたソリューション開発を進めています。さらに今回、本エコシステムで、スマート工場化に必要不可欠な"プライベート"ネットワークである「ローカル5G」を活用したソリューション開発を加速させることで、"i-Automation!"によるモノづくり革新を進め、製造現場の生産性と品質を向上させてまいります。

オムロン株式会社 執行役員 兼 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 技術開発本部長 福井信二は次のように述べています。
「さらなるモノづくり革新のために、これまで水平分業で発展させてきた技術を垂直統合する必要があり、その中核技術としての『ローカル5Gネットワーク』、ならびに『ローカル5Gを中心としたエコシステム』は不可欠です。当社が保有する豊富な制御機器を5Gに対応していくことに加え、5Gを活用した"モノづくり革新アプリケーション"を実現することで本エコシステムの発展に貢献します。さらに、これらの活動を通じて、日本の製造業の皆様が安心してローカル5Gを導入していただける環境を提供していきます。」

オムロンが提供する製品群c1208_2.png

「Nokia ローカル5G テクノロジーパートナーシップ」概要
6社協業体制のもと、産業、デバイス、アプリケーション、クラウド、および5Gに関する専門知識を結集して、リモートコントロール、人工知能、オートメーション、ロボティクス、および無人搬送車を含むユースケースに対して、新しい産業固有のソリューションを開発することで、インダストリー4.0の実現を目指します。

各社の役割
ノキア(ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社):
Nokia Digital Automation Cloudにより、ローカル5Gネットワークおよびエッジコンピューティング機能を提供

コネクシオ株式会社:
ローカル5G/プライベートLTEに対応したエッジコンピューティングゲートウェイの開発・提供、ゲートウェイ内のソフトウェア開発、およびゲートウェイを中核としたIoTシステムインテグレーションを提供。

シャープ株式会社:
ローカル5G対応ルーターなどの5G対応機器および機器に関連する知見を提供

日鉄ソリューションズ株式会社:
ローカル5G無線装置の導入、安全見守り・遠隔作業・デジタルツインの実現など、エンタープライズ領域におけるトータルDXソリューションの提供

株式会社日立国際電気:
ローカル5G無線システム、およびスマートファクトリーや公共、社会インフラ分野での課題解決に向けたソリューション、画像解析AIソリューション、および「AIカメラ」や「フィールドエッジコントローラー」等、5GとAIを組み合わせた製品の提供

オムロン株式会社:
産業用ロボット、自律搬送ロボット(AMR)、画像処理システムや状態監視機器などの各種センサー、制御用コントローラーなどファクトリーオートメーション機器および制御技術や製造業における知見の提供


"i-Automation!" について
オムロンは、製造業のモノづくり現場を革新するコンセプトを"i-Automation!"のもと、次の3つの"i"からなる オートメーションの進化によって製造現場の生産性を飛躍的に高め、付加価値の高いモノづくりの実現を目指しています。「integrated(制御進化)」は、これまで熟練工に頼っていた匠の技を、誰もが簡単に実現できるよう、オートメーション技術を進化させます。「intelligent(知能化)」は、幅広い制御機器とAIを活用し、機械が自ら学習して状態を保全するなど、進化し続ける装置や生産ラインを実現します。「interactive(人と機械の新しい協調)」は、同じワークスペースで人と機械が共に働き、機械が人の動きや考えを理解しアシストするなど、生産現場を知り尽くす制御機器メーカーのオムロンならではの、人と機械の新しい協調関係を提供します。

オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/をご参照ください。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。