スマートカメラ FHV7シリーズが「iFデザイン賞2020」を受賞

  • 2020年02月18日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長CEO:山田義仁)の「スマートカメラFHV7シリーズ」が、ドイツの「iFデザイン賞2020」を受賞しました。

「iFデザイン賞」は、ドイツの「iF International Forum Design」が開催する、世界的に権威のあるデザイン賞のひとつです。世界各国から応募された商品やサービスを対象に、独創性や革新性、美しさ、性能、使いやすさ、品質、価格、環境への配慮など、多角的な視点から優れたデザインが選定されます。
今年は、56か国/地域から集まった7,298件の応募デザインを78名のデザイン専門家による厳正なる審査の結果、「スマートカメラ FHV7シリーズ」が受賞となりました。

受賞概要

受賞内容:

「iFデザイン賞2020」

if_designaward2020_red_l_cmyk.jpg

受賞商品:

・スマートカメラ FHV7シリーズ

FHV7_001.jpgIMG_Product_FHV7_corner_PNG_006.png

消費者ニーズの多様化により、生産物の多品種化や品質の強化が求められており、人の目に代わる自動化や既存工程への後付け検査が拡大することで、画像検査のニーズは飛躍的に拡大しています。
FHV7シリーズは画像検査に必要なカメラ、レンズ、照明、画像処理コントローラーを一体化したスマートカメラです。
必要な機能を使用するシーンに合わせて自由に組み換えられるモジュール構造とスタイリッシュで堅牢な一体型ボディを採用することで、過酷な生産現場にも最適な形で画像検査を、よりシンプルに導入することができます。

当社ウェブサイトでのスマートカメラ FHV7シリーズの製品紹介ページ
https://www.fa.omron.co.jp/product/promotion/fhv7_smartcamera/

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。