技術棟として、6号館新棟が完成 - リレーの基盤技術をさらに強化 -

  • 2008年4月24日
  • オムロン リレーアンドデバイス株式会社

オムロン リレーアンドデバイス株式会社(代表取締役社長 多田幸一)は、本年1月早々より着工していました技術棟6号館が新棟として完成いたしました。これに伴い、2008年4月24日に安全祈願祭を開催いたしました。

この6号館は、床面積約1,920m²の平屋建てとし、従来の5号館で行っていた金型設計・加工の機能、生産設備の設計・評価の機能、また、材料試験の機能を集約した技術棟となっています。また、5号館の空きスペースは、部品生産の拡充を行っていきます。

金型加工エリアは、細かな温度・湿度制御、防振構造を有し、最新鋭の設備導入により超高精度の金型製作を実現していきます。生産設備評価エリアでは、部品からの一貫生産や次世代の最効率「ものづくり」システムの構築・確立に向けた設備開発を追求していきます。また、材料試験エリアでは、新材料評価やその加工性評価を実施し、材料の「使いこなし」技術を追究していきます。

要素技術である材料・工法・金型・部品加工の各技術を集約することにより、より信頼のある「ものづくり」を実現し、お客様からのご要求にお応えしてまいります。日本の製造業として勝ち残るべく、確かな品質と新たな価値を提供するとともに地域経済の振興、発展に更なる貢献をしてまいります。

6号館(技術棟)の概要

竣工 2008年4月24日
投資額 約5億円(設備等含む)
規模 鉄骨平屋建て 総床面積約1,920m²
目的 金型設計・加工、生産設備の設計・評価、材料試験・評価のスペース拡張と機能強化

オムロン リレーアンドデバイス株式会社の概要

創業 1972年4月6日
設立 2003年4月1日
代表者 代表取締役社長  多田 幸一
資本金 3億円(2008年4月現在)
売上高 単体 329億円  連結 557億円(2007年度実績)
事業所 本社(熊本県山鹿市杉1110)
マレーシア・インドネシア・中国上海・中国深圳
従業員数 国内 702名  海外5,976名(2008年4月1日現在)
技術棟6号館 新棟

詳細お問い合わせ先
オムロン リレーアンドデバイス株式会社
企画・業務統括部 企画室 経営企画課 岩村 和夫
〒861-0596 熊本県 山鹿市杉1110
TEL:0968-44-4101

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。