製造業向けセキュリティソリューション事業を本格展開 損保ジャパングループと共同でリスクコンサルティングを実施<br /> 綾部事業所にセキュリティソリューションサイトを開設

  • 2005年4月21日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネスカンパニーは、製造業のお客様を主たる顧客層とした、セキュリティ向上のための提案とその実現からなるセキュリティソリューション事業を本格展開します。

当社がこの度新たに掲げるセキュリティソリューションは、お客様の安心、安全を高めることに加え、同時に投資対効果を高めることを実現するものです。例えば、工場においては、人の出入りを監視して生産現場のセキュリティそのものを確保しつつ、作業員や物(部品、製品など)の動きを分析して、作業のムリ・ムラ・ムダを減らし、生産性の向上を実現します。当社では、こういった人や物などの企業資産を可視化(見える化)して、セキュリティ性と生産性双方の向上を実現することを「セキュリティエンジニアリング」と呼んでいます。当社は今後様々なソリューションを創造して、製造業のお客様を中心に提案を行っていき、セキュリティエンジニアリング市場の開拓を進めていきます。

当社は30年ほど前からセキュリティ商品の製造、販売を開始し、これまでもオフィス向けや公共施設向けでの納入実績を積み重ねてきました。取り分け2001年9月のアメリカ同時多発テロ以降、あらゆる場所でのセキュリティニーズが急速に増大、セキュリティ市場は拡大の一途をたどっており、当社は時代の市場ニーズに応える商品づくりを進めてきました。
近年の雇用制度の多様化から、特に製造業の生産現場や工場内オフィスには正社員のみならず、派遣社員や業務委託の作業員など、様々な雇用形態の人が立ち入るようになってきました。IT化が進行する中、工場敷地内の資産、特に知的財産等の情報漏洩リスクは急速に高まっています。また、勤務形態の多様化に伴い、社員の労働時間管理を適正に行う必要が高まる一方で、賃金不払い残業、いわゆるサービス残業の問題が発生し続けているのも事実です。各企業はサステナビリティを全うするため、法令違反や社員のモラル低下等、様々なリスクを排除するとともに、万一危機(クライシス)が発生した場合に、ステークホルダーに対して十分な説明が出来るよう、どこで何が起こって今回の問題になったのか説明できるだけの履歴を残しておく必要があります。

当社は、独自ノウハウにより人や物を「見える化」して、企業活動の履歴を残すことにより、CSR向上のためのリスク排除と生産性向上の双方を実現する「セキュリティエンジニアリング」を展開していきます。セキュリティエンジニアリングを他社との差異化ポイントとし、これまでのセキュリティ事業で培った商品、技術、ノウハウと、制御機器No.1メーカーとしてのオムロンブランドとを活かしつつ、製造業のお客様のニーズにマッチしたセキュリティソリューションを創造していきます。

損保ジャパングループとの提携について

セキュリティソリューション事業を展開するにあたり、株式会社損害保険ジャパン(社長:平野浩志、本社:東京都新宿区、以下「損保ジャパン」)ならびに株式会社損保ジャパン・リスクマネジメント(社長:澤田裕、本社:東京都新宿区、以下「損保ジャパン・リスク」)とリスクコンサルティング事業の分野で業務提携をいたしました。損保ジャパン・リスクが有する高度なリスク分析ノウハウと、損保ジャパンの豊富な損害保険商品ラインナップに、当社のセキュリティ診断ノウハウを組み合わせ、お客様の事業所に潜む様々なリスクをヘッジするのに最適なセキュリティシステムと保険商品を提供していきます。

セキュリティソリューションサイトについて

当社綾部事業所(京都府綾部市)内に、お客様にセキュリティソリューション提案、セキュリティエンジニアリングの事例を分かり易くご覧いただける見学施設「セキュリティソリューションサイト」を開設し、一般のお客様への公開を開始しました。ここではお客様の課題に見合った最適ソリューションを提案させていただくためのコンサルティングもお受けしています。
詳細はセキュリティソリューションホームページをご覧下さい。
URL : http://omron-idfusion.jp/

詳細お問い合わせ先
オムロン株式会社
ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネスカンパニー
セキュリティソリューション事業推進室 事業推進部 清家 章司
TEL:03-3436-7036

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。