オムロン 長期ビジョン Shaping the Future 2030 Empowering People Through Automation Empowering People Through Automation

人が活きるオートメーションで新たなソーシャルニーズを創造し、
社会全体の豊かさと、自分らしさの追求が両立する未来をつくる。
オムロンは長期ビジョン「Shaping the Future 2030」をスタートします。

SF2030 ビジョン 人が活きる
オートメーションで、
ソーシャルニーズを
創造し続ける

現在の私たちは、効率や生産性を追求する「工業社会」を経て、物質的な豊かさを手に入れました。そして今、「最適化社会」のど真ん中にいます。「最適化社会」とは、人々の価値観がモノの豊かさから心の豊かさに変わり、そして効率や生産性よりも生きがいや働きがいを重視するように変化していく時代です。

例えば、人々の環境問題に対する意識、仕事に対する価値観は大きく変わってきています。サステナブルな製品や生活を選択することはもちろん、仕事においても、自分の能力を発揮できる仕事を通じ、ワークライフバランスを見つめなおす動きが加速しています。つまり、新たな社会・経済システムへの移行期である現在、そして次の10年間は、新旧の価値観のぶつかりあい、社会・経済システムへのひずみが生じ、社会的課題が噴出する時代です。

そのような時代のなか、オムロンはソーシャルニーズを創造し、これからも社会的課題を解決し続けることで、社会全体の豊かさと自分らしさの追求が両立する、「自律社会」を目指していきます。

CEOメッセージ 長期ビジョン
SF2030について

「オムロングループ全社員が企業理念を実践し、センシング&コントロール+Think技術で、持続可能な社会をステークホルダーとともにつくっていく」という思いを込めました。そして、その結果として、オムロンの企業価値も最大化している状態を実現していきます。

代表取締役社長 CEO 山田 義仁

ポートレート写真 代表取締役社長 CEO 山田 義仁

自律社会 オムロンが
目指す
自律社会

目指すべき社会のために、私たちが解決すべき社会的課題はどのようなものでしょうか。
社会に大きなインパクトを与える「気候変動」、「高齢化」、「個人の経済格差の拡大」の
変化因子から生じる様々な課題の中から、3つの社会的課題を設定しました。
それは、「カーボンニュートラルの実現」、「デジタル化社会の実現」、「健康寿命の延伸」です。

これらの課題が解決された自律社会とは、
社会全体の豊かさと、自分らしさの追求が両立する社会です。

転換期にある今、オムロンの「存在意義」と「らしさ」のさらなる発揮により、
自律社会を手繰り寄せることは必ずできると信じています。

「自律社会」の到来を予測したSINIC理論とは?

社会的課題が解決された自律社会

4つのドメイン オムロンの持つ
4つのドメイン

これらの社会的課題に対して、私たちはオムロンの強みであるオートメーションと、
オムロンの顧客資産、事業資産を活かし、4つのドメインで解決します。

それは、「インダストリアルオートメーション」、「ヘルスケアソリューション」、
「ソーシャルソリューション」、そして「デバイス&モジュールソリューション」です。

3つの社会的課題と
4つのドメインの関係性

成長機会とオムロンが生み出す社会的価値〜社会的課題を解決し、新たな価値を生み出す4つのドメイン:社会的課題とは「カーボンニュートラル」、「デジタル社会」、「健康寿命の延伸」の3つ。ドメインとは「インダストリアルオートメーション」、「ヘルスケアソリューション」、「ソーシャルソリューション」、「デバイス&モジュールソリューション」の4つ。「インダストリアルオートメーション」は「持続可能な社会を支えるモノづくりの高度化への貢献」で「カーボンニュートラル」、「デジタル社会」、「健康寿命の延伸」の3つの課題を解決します。「ヘルスケアソリューション」は「循環機器疾患のゼロイベントへの貢献」で「健康寿命の延伸」の課題を解決します。「ソーシャルソリューション」は「再生可能エネルギーの普及・効率的な使用と、デジタル社会を支える持続的なインフラへの貢献」で「カーボンニュートラル」、「デジタル社会」の課題を解決します。「デバイス&モジュールソリューション」は「新エネルギーと高速通信の普及への貢献」で「カーボンニュートラル」、「デジタル社会」の課題を解決します。

オムロンの進化 オムロンは
何を
進化させて
いくのか

これからのオムロンはオートメーションを拡張し社会に実装すること、
社会的課題解決に向けた事業創造への投資サイクルを回し続けること、という「らしさ」を発揮し、より良い社会の仕組みを構築する存在になっていきたい。

価値をとらえる視点そのものを変えていく、
「モノ視点」から「コト視点」へ。
本質的な価値を生み出すために、
「モノ」から「モノとサービス」へ。
人がより人間らしく生きるための社会を実現する、
「オートメーションの拡張」。

より良い社会の仕組みを考え、人が活きるオートメーションを社会に実装していく存在へ、
オムロンはこれからも進化を続けていきます。

Social Design Innovator

Social Design Innovator

私たちの未来 オムロンが
描く未来

Shaping the Future 2030 で目指すこと。
それは、人が活きるオートメーションで
ソーシャルニーズを創造し続けること。

そのために、オムロンは進化を続けます。

その先に、私たちが描く未来が待っているのです。

社会全体の豊かさと、
自分らしさの追求が両立する未来を
私たちの手で実現していきます。

To be continued..

2022.3.9に発表した
SF2030 中期経営計画 SF 1st Stage

情報は以下からご覧下さい。

詳細はこちら 詳細はこちら

オムロンは、「ソーシャルニーズの創造」に
取り組んでいます

イノベーションに
ついてはこちら
イノベーションに
ついてはこちら

オムロンでは、
共に働く方を
募集しています

採用情報はこちら 採用情報はこちら