長期ビジョン-Value Generation 2020-

オムロングループは、2020年までの10年間における長期ビジョン「Value Generation 2020 (略称:VG2020)」を2011年度に策定しました。

2017年度、「VG2020」策定時点の想定を超えて変化する環境に対応し、また次の10年に備えるため「VG2020」の枠を超えた中期経営計画「VG2.0」を策定しました。

Value Generation とは

長期ビジョン「Value Generation」とは、お客様をはじめとする全てのステークホルダーの皆様への価値創造、つまり、"Value(価値)"を"Generate(生み出すの意)"することによる成長への強い思いを込めました。

VG2020ビジョン

感じる。考える。制御する。人と地球の明日のために。

オムロンが目指すのは、人と地球の「いま」を「明日」に最適化していく企業。「センシング&コントロール+Think」技術で、持続可能な地球と社会の実現の為、 質量兼備の地球価値創造企業を目指しました。

VG2020のシナリオ

VG2020では、2011年~2020年の10年間を2つのステージに分け、掲げたゴールの実現を目指します。各ステージは前述の2つの地球視点にちなんで、それぞれ「Globe Stage」、「Earth Stage」と命名しました。

まず、2011年度から2013年度までの3年間を「Globe Stage」とし、グローバルでの収益構造づくりとグローバル市場での成長を目指しました。

2014年度からは「Earth Stage」とし、「Globe Stage」の成果の拡大に加えて、地球に対する「新たな価値創出」へつながる新規事業づくりに取り組みました。

2017年度から始まった「VG2.0」では、AI、IoT、ロボティクスに代表される技術進化による社会の変化を踏まえ、2030 年をも見据えて、新たな価値創造の実現に挑戦しました。全社方針として「技術の進化を起点に、イノベーションを創造し、自走的成⻑を実現」を掲げ、注力ドメインを設定し、ビジネスモデルの進化とコア技術の強化に取り組みました。

なお、2019年度に発生した新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、2020-2021年度の2年間は、ウィズコロナの期間が続くことを前提に、事業継続と収益確保に向けた危機対応を最優先にすることとしました。そのうえで、「変化対応力の最大発揮による成長への事業構造転換と収益力の最強化」を基本スタンスに、ニューノーマル時代における持続的な成長を実現するための事業変革を加速させ、この2年間を次期長期ビジョンにつなげる「変革期」とします。