PRINT

オムロン、Responsible Business Alliance(RBA)に加盟

  • 2024年01月24日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 辻永順太)は、グローバルサプライチェーンにおける企業の社会的責任を推進する世界最大の企業同盟であるResponsible Business Alliance(本部:米国バージニア州、以下RBA)に加盟したことをお知らせします。
加盟にあたりオムロンは、RBAの掲げる以下のビジョンとミッションを全面的に支持します。また、RBA行動規範に則り、自社拠点での取り組みを改善するとともに、1次サプライヤーに対しても同様の改善を依頼し、支援します。



RBAのビジョン・ミッション

ビジョン:グローバルサプライチェーン全体で、労働者・環境・ビジネスに持続可能な価値をもたらす企業同盟を目指す。

ミッション:RBA加盟企業、サプライヤー含むステークホルダーが協力し合い、先進的な基準や手法を用いて地球環境や労働環境、ビジネスを改善する。


オムロンは、長期ビジョン「Shaping the Future 2030」において、サステナビリティ重要課題として「バリューチェーンにおける人権の尊重」を設定し、その実現に向けて「オムロン人権方針」を定め、企業の社会的責任として、自社のみならずバリューチェーンで働く人々の人権の尊重に対する影響力の発揮に取り組んでいます。これまでも自社拠点において、RBA行動規範に定められたマネジメントシステムを参照し、社内ルールを整備し労働マネジメント体制を構築してきました。また、サプライヤーに遵守を依頼するサステナブル調達ガイドライン内のサプライヤー行動規範の内容をRBA基準に準拠するなど、自社のサステナビリティの取り組みにRBAを取り入れてまいりました。


今後、RBA加盟企業としてこのようなバリューチェーンにおける社会的責任を追求する取り組みを進化させることで、強固なグローバルサプライチェーンを構築し、社会の持続的な発展とオムロンの持続的な成長を目指してまいります。

<長期ビジョン Shaping the Future 2030>
https://www.omron.com/jp/ja/sf2030/


<オムロンのサステナビリティ取り組み>
https://sustainability.omron.com/jp


<オムロンの人権方針>
https://sustainability.omron.com/jp/social/human-rights/



Responsible Business Alliance (RBA)について

RBAはグローバルサプライチェーンにおいて、社会・環境・倫理状況の改善に取り組む主要企業からなる非営利企業同盟です。RBAは継続的改善を支援するための行動規範やさまざまなプログラムや研修、評価ツールを有しています。活動範囲はグローバルに広がり、北米、ヨーロッパ、アジアなどに拠点を構えています。500以上のメンバーがRBA、Responsible Minerals Initiative(RMI)、Responsible Labor Initiative(RLI)、Responsible Factory Initiative(RFI)に加盟しており、合計で年間売上高7兆7,000億ドル以上の収益をあげ、2,150万人以上を直接雇用し、120カ国以上で製品を製造しています。

<RBAウェブサイト(英文)>
https://www.responsiblebusiness.org/



オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、ヘルスケア、社会システム、電子部品など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、130ヶ国以上で商品・サービスを提供しています。詳細については、
https://www.omron.com/jp/ja/をご参照ください。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社 ブランドコミュニケーション部
TEL:075-344-7175

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。