TOGA(The OMRON Global Awards)

企業理念の実践を促進する「TOGA(The Omron Global Awards)」

私たちオムロングループでは、事業を通じて社会的課題を解決し、よりよい社会をつくるという企業理念の実践を通じて社会に貢献していきます。この企業理念実践を推し進めるため、「TOGA (The Omron Global Awards)」を2012年度からスタートしました。これは、企業理念に基づくテーマを宣言し、チームで協力しながら取り組む活動です。TOGAを通じて、組織内はもとより、地域・職種を超えて社会的課題の解決、お客様・社会への価値創造について話し合う機会となり、毎年多くのテーマが世界中で宣言・実行されています。

「TOGA」には3つの特徴があります。

  1. プロセス重視
    結果もさることながら、結果を出すための理念実践のプロセスを重視します。そのため、理念とのつながりやチャレンジポイントを宣言し、テーマをエントリーする有言実行型です。そしてチームで協力し合い、シナジーを発揮していくことを大切にしています。
  2. 評価内容
    結果・成果だけでなく、達成過程でのチャレンジや企業理念に基づく行動を評価します。また、失敗した事例においても果敢にチャレンジしたこと、失敗の中から学び取ったことを評価する表彰カテゴリーを設けるなどさまざまな理念実践をたたえ合う工夫をしています。
  3. 表出と共鳴
    最終のグローバル発表会までに職場、会社、地域内のさまざまな場面で企業理念実践事例を発表し、共有する機会を設けています。模範事例として選ばれたチャレンジ活動は社内情報サイト等で共有されます。TOGAは自らチャレンジ宣言し、お互いの取り組みを共有、次の行動へと移していくことに意義があります。
    ※表出:言葉・行動として表現すること。共鳴:周りの言動から刺激を受け、自らも行動に移すこと。

毎年2~3月にかけて、エリアごとにプレゼンテーションと選考会を実施し、13の優れたテーマ(ゴールドテーマ)を選出。5月10日のFounder's Day(創業記念日)には、京都においてゴールドテーマの各取り組みが発表され、また、その模様はグローバルに配信されます。さらに、Founder's Day翌日には日本各地でプレゼンテーションを実施し、拠点で働くメンバーと直接議論が交わされます。

「社会に対してどう価値を生み出していくのか」「価値の創造に向けていかに発想を変えるか」など、理念実践に関する積極的なテーマが多く発表され、社員に多くの共感・感動を呼んでいます。また、参加者からも「産みの苦しみはあったが、高い目標に挑戦し続けた結果、ソーシャルニーズの創造につながった」といった感想もあり、大きな成果を上げています。このように、TOGAは、数多くの仲間と企業理念実践ストーリーを共有し、共感や学びにより、一人ひとりが次の行動につなげる活動となっています。

社内における企業理念実践の取り組みとしてスタートしたTOGAですが、社会的課題の解決に挑戦したいという熱意に対する共感と共鳴の輪は社外にも拡大しています。今では、オムロンと共に社会的課題の解決に挑戦していただくパートナー企業様も増え、TOGAのテーマも、パートナーとの協業によるテーマが増えています。
まさに、TOGAを起点とした共感と共鳴の輪が社内外に拡大しています。

TOGAのグローバル参画状況

※複数テーマへのエントリーが可能。参加人数は総数。