サガミ電子工業から産業用スイッチをOEM~グローバルでの業務・産業用操作スイッチ事業を強化~

  • 2007年11月6日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田久男、以下オムロン)は、株式会社サガミ電子工業(本社:横浜市旭区、代表取締役社長:西川亀久善、以下サガミ電子工業)と、業務・産業用操作スイッチにおける業務提携の第一弾として、サガミ電子工業からスイッチのOEM供給を受け、12月1日より新商品を発売します。
<製品イメージ写真>

機器の小型化や使用電源の多様化が進み、機器の情報/信号処理能力が増大しているため、業務・産業用の操作スイッチには小型で微小電流への対応や、現場のニーズにマッチした操作性が求められています。
当社はタクタイルスイッチやディップスイッチなどの操作スイッチをワールドワイドに販売しています。今回、サガミ電子工業の強みである高性能、高信頼性スイッチ技術を採用した新商品をラインアップに加え、当社の強みであるグローバル販売網を活用することにより、業務・産業用操作スイッチ事業の拡大を進めていきます。
今回発売する新商品は、サガミ電子工業が微小負荷用に開発したシーソ式クリップ構造(注)を採用したトグルスイッチやスライドスイッチなどで、微小電流、低電圧に関して安定した接触信頼性を有しています。

微小負荷用の操作スイッチは、産業分野では情報化、電子化の進展により需要が拡大しており、OA機器、セキュリティ機器、アミューズメント機器などの非産業分野でも機器組み込み用のスイッチとして市場の拡大が見込まれています。今後はサガミ電子工業の技術を活用した新規スイッチの開発委託も進める予定であり、2008年度にこれら新商品で3億円の売上高を見込んでいます。

注)シーソ式クリップ構造
操作部の左右への操作により接点がシーソ運動し、クリップ型の可動接点が固定接点を挟み込むように摺動して接触をする構造

サガミ電子工業の概要

会社名 株式会社サガミ電子工業
事業内容 各種スイッチ、センサの製造販売
代表者 代表取締役社長 西川亀久善
資本金 9,600万円
所在地 神奈川県横浜市旭区矢指町1990
設立年月日 1972年10月11日
売上高 16億円(2007年3月期)
従業員数 90人(2007年10月現在)
詳細お問合せ先
エレクトロニクスコンポーネンツビジネスカンパニー
企画室 広報担当 渥美 昌之
〒600-8530京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL 075-344-7047

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。