広域での電力量計測を可能にするエネルギーマネジメント端末「EW330L」を新発売 - 大規模工場、オフィスビル・店舗向け需要に対応 -

  • 2007年7月10日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田久男)は、大規模な工場やオフィスビル・店舗向けに、LAN接続で電力量の計測エリアを拡張するエネルギー遠隔監視システム端末「EW330L」を2007年7月17日より発売します。(イメージ写真)
今回発売する端末「EW330L」は、7月11日から13日に東京ビッグサイトにて開催される「省エネ&リサイクルフェア2007」(主催:社団法人日本経営協会)のオムロンブースに出品されます。

名称 商品形式 メーカー希望小売価格
エネルギーマネジメント端末 EW330L 3S7W-E33L1 オープン価格

オムロンは企業の電力量管理をトータルにサポートするため、計測端末の開発・販売や、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式の遠隔監視通報システム「e-watching」(*)を提供しています。すでに発売中のエネルギー遠隔監視システム端末「EW300F」は、子機センサーからの計測データを無線で受信して、株式会社NTTドコモのFOMA通信網を利用して、オムロンが管理し遠隔監視通報システムの中枢であるM2Mデータセンターへ計測データを送信します。

今回発売する「EW330L」は工場等の施設・設備の消費エネルギー等を計測するEWシリーズへの追加機種となります。この機種は「EW300F」と同等の機能を有する端末ですが、外部通信機能を内蔵せず、LAN接続した外部通信機(ルーター)によってM2Mデータセンターと通信します。イーサネットや無線LANを使って複数の「EW330L」を接続することで、工場など広い施設内での計測が可能となります。
また、LAN上には複数台の「EW330L」を接続でき、外部通信機(ルーター)にて各端末の計測データをまとめて1つのFOMA通信網を利用することにより、通信コストを抑えることができます。

LAN構築のためには「EW330L」のほか、シリアル/イーサネット変換機、ハブ、FOMA対応ルーター、無線LANなどの機器や接続ケーブルが必要となります。市販品の利用も可能ですが、動作確認済みの機器を推奨しています。

EWシリーズの子機センサーはすでに6機種が発売されており、電力量、温度、湿度を計測することができます。親機「EW330L」1台につき子機センサーは最大64台まで接続が可能です。パソコンでの設定により、多地点に設置した複数の親機、子機センサーをグルーピングして管理し、エネルギーマネジメントに活用することができます。

LAN接続イメージ

2006年の「改正省エネ法」施行などを契機に、工場、オフィスビル、店舗などでは使用エネルギーの削減が求められています。今回の「EW330L」を含めた「e-watching」の活用により、リアルタイムに変化する使用エネルギーを24時間監視し、「見える化」することで、電気料金をはじめとしたエネルギーコストの削減はもとより、地球規模の省エネ化、環境保護にも貢献できると考えています。

*遠隔監視通報システム「e-watching」
エネルギー(energy)を電子技術(electronic technology)による無線システムで監視(watching)して、様々なサービスを提供。これらがエコロジー(ecology)につながっていく、という意味が込められています。

商品の主な特長

  1. 通信費の節約が図れる
    • 複数台のデータを束ねて外部通信できるので、5台以上の親機を接続するユーザーは、従来の1台1回線に比べて通信費を削減できます。
  2. 広域での計測が可能
    • 1つのLANに複数の端末「EW330L」を接続できるので、計測可能エリアが広がり、広い施設にも対応できます。
    • 推奨のFOMA対応ルーターでは、最大16台の「EW330L」を接続できます。
  3. 「EW330L」1台に多数の子機センサーを接続可能
    • 親機EW330L 1台につき、最大64台の子機センサーを接続可能です。
    • 子機センサーは電力量、温度、湿度を混在できるので、ユーザーの多様なニーズに対応できます。
  4. 多数の端末をパソコンでモニタリング可能
    • パソコンや携帯電話のブラウザからインターネットを利用して専用画面にログインし、いつでもどこからでも全ての端末をモニタリングできます。
    • 多拠点を一括で遠隔監視できるので、本社等から複数の支店や工場のデータをまとめて監視することが可能です。
    • 計測データは実測値のほか、グラフ化して見ることもできます。
  5. 異状や変化をメールで通報できます
    • 計測データに異状や変化が発生すると、登録したメールアドレスに発生箇所や内容を知らせるメールが送信されます。
    • メールアドレスや通報内容はパソコンで設定できます。
  6. パソコンから設定変更可能
    • パソコンのユーザー専用画面には設置した端末と、設定可能なメニューが表示されます。
    • 複数の端末をグルーピングして効率よく管理したり、異状発生を知らせるメールの設定などをすることができます。

ターゲットユーザー

製造業(大規模工場)、オフィスビル・店舗など

販売目標台数

3,000台/年

主な仕様

EW330L(形式:3S7W-E33L1)

項目 仕様
子機通信 特定小電力400MHz帯、10mW出力
子機接続数 最大64台
入出力構成 汎用入力7点、汎用出力4点
計測内容 イベント、パルス
テスト通報 テスト通信モード内蔵
端末設定 M2Mデータセンターで設定
通報先設定 複数設定可能
外部通信 NTTドコモ FOMA網
電源電圧 AC100V ±10% 10VA
使用温度範囲 / 使用湿度範囲 -10~55℃ /25~85%RH
保存温度範囲 / 保存湿度範囲 -25~65℃/ 25~85%RH
外形寸法 W201×D59×H228(mm)
質量 約900g
取付け方式 ネジ取付け

※記載の社名、製品名はすべて各社の商標または登録商標です。

詳細お問い合わせ先
オムロン株式会社
事業開発本部 エネルギーマネジメント事業開発部
〒105-0001東京都港区虎ノ門3-4-10
フリーダイヤル:0120-085-606
TEL:03-3436-7283
HP: http://www.sensor-net.jp/

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。