CorporateJapan

RECRUITING INFORMATION
新卒採用 MY
PAGE
キャリア採用 障がい者採用 事業別 採用サイト
About OMRON 02

オムロンのユニークネス

世界最高峰のセンシング技術や、
数々の世界初・日本初の製品。
技術にはもちろん、それを生み出す組織や文化
の随所に「オムロンらしさ」が存在しています。
根底にあるのは、行動の拠りどころである
「理念」と、それを実践する「人」を
大切にする姿勢です。
オムロンを「オムロンたらしめるもの」
について解説します。

1

オムロンの考え方

企業理念は社会における
オムロンの存在意義そのもの

オムロンは、事業を通じてよりよい
社会づくりに貢献することを
その使命としています。
その実現に向け、企業理念を軸とした
経営を実践しています。
企業理念は、オムロン社員の
判断や行動の拠りどころであり、
オムロンの求心力、発展の原動力です。

オムロンの企業理念
詳しく見る

オムロンの存在意義を
形づくる指針

私たちは、「企業は社会の公器である」
という基本的考えのもと、
企業理念の実践を通じて、
持続的な企業価値の向上をめざします。

長期ビジョンを掲げ、
事業を通じて
社会的課題を解決します。

長期ビジョン

10年先を見据え、よりよい社会をつくるために。オムロンの強い意志を示した長期ビジョン。
真のグローバル企業を
めざし、公正かつ透明性の
高い経営を実現します。

オムロングループ
マネジメントポリシー

多様な価値観を持つ社員が、グローバルな一体感のもとで自律的に考え行動するために。グループ全体の運営ポリシー。
すべてのステークホルダーと
責任ある対話を行い、
強固な信頼関係を構築します。

ステークホルダー
エンゲージメント

価値の伝達を通じてブランド力を高め続けることで、世界中から最良の経営資本を集める。
詳しく見る

オムロンの未来への羅針盤

「SINIC理論」とは、1970年に創業者・立石一真
が国際未来学会で発表した未来予測理論です。
科学・技術・社会という3つの円循環的な相互関
係から未来を予測しようとするこの理論のもと、
オムロンは独自の技術で
社会のニーズに応え続けてきました。

SINIC理論において
現代は「最適化社会」として位置づけられ、
やがて「自律社会」に向かうとされています。
社会全体の豊かさと自分らしさの追求
が両立する未来の実現に向けて、
SINIC理論を羅針盤に、オムロンは今後も
先進的な提案を続けていきます。

オムロンの未来への羅針盤
詳しく見る
企業理念 経営スタンス SINIC理論 ダイバーシティ&
インクルージョン

多様な人財の活躍を支える価値観

オムロンでは、企業理念の実践における
大切な価値観「Our Values」のひとつとして
「人間性の尊重」を掲げています。
さまざまな価値観や考え方を持つ
多様な人財が、
その個性や能力を存分に発揮し、
活躍できる組織をめざしています。

詳しく見る
2

オムロンの技術

センシング&コントロール+Think 世界初・日本初

「人が活きるオートメーション」
を支えるコア技術

オムロンでは、さまざまな
社会的課題を解決するために、
センシング技術とコントロール技術を
長年に渡り磨いてきました。
2011年からは、これらを合わせた
「センシング&コントロール」に、
人の知恵を表す「Think」の概念をプラス。
コア技術を「センシング&コントロール
+Think」と定めて強化を続けています。
人と機械が最適に調和したオートメーション
に向けて、オムロンの挑戦は続きます。

「人が活きるオートメーション」を支えるコア技術
詳しく見る

世界をリードしてきた
オムロンの製品

1964年の電子式自動感応式信号機、
1967年の自動改札機など、
オムロンでは創業以来世界初・日本初の製品を
多数生み出してきました。
時代に先駆けた開発を支えるのは、事業を通じ
社会をよりよくしたいと願う想いです。
社会のニーズを先取りした技術革新へ、
惜しみない挑戦を続けています。

世界をリードしてきたオムロンの製品
詳しく見る
3

オムロンの文化

ひとを大切にする文化 チャレンジ精神

「人間性の尊重」に基づく
風通しのよい風土

オムロンを語るうえで、「人を大切にする文化」
は欠かせないキーワードです。
例えば会議の席で、誰かひとりが発言を続け、
他のメンバーは黙っている——
そんな光景はオムロンにはありません。
誰もがチャレンジ精神を発揮し、意見を、個性を、
アイデアを出し合える風通しのよい風土が、
イノベーション創出の土壌となっています。

「人間性の尊重」に基づく風通しのよい風土
詳しく見る
ひとを大切にする文化 チャレンジ精神

「絶えざるチャレンジ」が、
進化と発展の原動力

社会が発展の只中にあり、モノがなかった時代。
オムロンは数々の「世界初・日本初」を
世に送り出してきました。
そしてモノがあふれる現代社会では、
製品・技術を通じて
「どんな社会的課題を解決したか」
の重要度が増しています。

オムロンでは、事業を通じた
社会的課題の解決をその使命としています。
「絶えざるチャレンジ」
を進化と発展の原動力に、
よりよい社会づくりへの挑戦を互いに讃え、
支え合う文化こそが、オムロンの強さです。

「絶えざるチャレンジ」が、進化と発展の原動力
詳しく見る
4

オムロンの取り組み

1972年から始まった
ダイバーシティの原点

ダイバーシティこそ、オムロン発展の力です。
オムロンでは、障がいを理由に働く機会を
得ることが難しかった時代から、社会に先駆けて
障がい者雇用を推進してきました。
1972年の福祉工場「オムロン太陽株式会社」
設立を原点に、障がいのある人の活躍機会
の拡大に全社で積極的に取り組んでいます。

1972年から始まったダイバーシティの原点
詳しく見る
障がい者雇用の第一人者 サスティナビリティ
マネジメント
健康経営宣言

持続可能な発展を
実現し続ける体制

オムロンの存在意義は、
「事業を通じて社会価値を創出し、社会の発展に
貢献し続けること」です。
この実現のためには、注力すべき
サステナビリティ重要課題を特定し、
中長期戦略のなかで具体的な取り組みと目標を
設定し、事業を通じて実行することが重要です。
社会と企業の持続可能性を
グローバルに追求するために、
全社マネジメント構造を確立しています。

持続可能な発展を実現し続ける体制
詳しく見る

健やかにいきいきと
働く環境づくり

事業を通じて社会的課題を解決し、
よりよい社会をつくるためには、
イノベーションの創出が不可欠です。
そしてそのイノベーションを生み出す土壌こそ、
多様な人財が活力にあふれ、ポテンシャルを
最大限に発揮できる環境です。
オムロンの発展にとって欠かせない
社員の健康維持・向上に向けて、
「健康経営宣言」を制定しました。

健やかにいきいきと働く環境づくり
詳しく見る