CorporateJapan

RECRUITING INFORMATION
新卒採用 MY
PAGE
キャリア採用 障がい者採用 事業別 採用サイト
背景固定画像1
IAB

制御機器事業Industrial Automation

独自の価値創造コンセプト“i-Automation!”を掲げ、「働く人々の幸せ」と「産業の高度化」の両立を実現し、
持続可能な産業の発展に貢献する新たなオートメーションを創出します。

SF2030
Vision

オートメーションで人、産業、地球の豊かな
未来を創造する

実現すること
  • 生産性とエネルギー効率の最大化
  • 人の可能性を最大発揮できる製造現場の構築
  • 業務プロセスの改善、エンジニアリング領域の業務効率の向上

事業領域

これまでオムロンは、i-Automation!で、お客様との共創を通じてアプリケーションを創出し、
さまざまな業界のモノづくりの技術革新や人手不足の解消、生産性の向上を実現させてきました。
これからは、i-Automation!を進化させ、地球環境との共存と、
作業者の働きがいも両立させる、サステナブルな未来を支える製造現場を構築していきます。

事業規模

事業規模チャート

出所:2021年 NECA

工場の自動化により、世界のモノづくり革新をリードするオムロンの主力事業です。
センサ、コントロール機器など、制御機器関連は国内No.1を誇ります。

事業内容

制御機器・FAシステムの研究開発・製造・販売

事業所

  • [主要な生産・開発拠点]
    AUTOMATION CENTER
    日本:京都、滋賀(全4拠点)
    海外:上海、オランダ(全33拠点)※AUTOMATION CENTERとは…モノづくりに関わるあらゆる課題の解決やビジョンの実現に向けて、お客様とオムロンがともに考え、解を探り、具体的な解決策を形にしていく場
  • [主な営業拠点]
    日本:東京、大阪、愛知(全27拠点)
    海外:・・・(全150拠点)

事業領域を知る
プロジェクトストーリー

​​​​​​​​​​​​​​01-01サムネイル画像

海洋プラスチックごみをなくす!
温度センシング・制御による海洋汚染しない包装へのチャレンジ

亀がプラスチックを食べている——そんな目を背けたくなる光景が海のなかで起きている。未来を揺るがす海洋プラスチックごみの問題を解決するために、制御機器事業は新素材の包装不良を削減する温度調節器の開発に挑んだ。

01-02サムネイル画像

製造業を、カーボンニュートラルに。
エネルギー生産性革新と循環型社会の実現に向けた挑戦

極端な猛暑や大雨など、日本に住む私たちも気候変動の影響を受け始めている。製造業におけるカーボンニュートラル達成が喫緊の課題とされるなかで、「省エネ」と「成長」の両立に向けて、オムロンが動いた。

背景固定画像1
OHQ

ヘルスケア事業Healthcare Solutions

培ってきたセンシング技術と医療分野での知見を活用し、循環器疾患と呼吸器疾患、日常生活に影響する痛みの分野において、
予防領域のサービスとデバイスを世界中で提供し、医療費抑制と医療格差の是正という社会的課題の解決を実現します。

SF2030
Vision

Going for ZERO
予防医療で世界を健康に

実現すること
  • 日常生活下でのバイタルデータが計測できる革新的なデバイスの開発
  • 医師の診断や治療の高度化・標準化をサポートするアルゴリズムの社会実装
  • 予防医療システムの確立

事業領域

これまでオムロンは、医療品質の家庭用デバイスをグローバルに広く普及させてきた実績を誇ります。家庭で計測した血圧データを用いた診断・治療プロセスをつくることで、患者や家族のQOLを低下させる脳・心血管イベント発症の予防に貢献してきました。
これからは、日常生活下でバイタルデータが計測できる革新的デバイスの開発や、医師の診断・治療を支えるアルゴリズムの社会実装、
新しい予防医療の仕組みを構築することで、誰もが自然と健康に暮らすことのできる社会、
誰もが質の高い医療をどこでも受けられる社会の実現をめざしていきます。

事業規模

事業規模チャート

出所:2019年 NECA

健康医療機器・サービスの提供を通じ、家庭での健康管理から医療現場まで、健やかな暮らしをトータルにサポートしています。
なかでも家庭用電子血圧計は、世界シェア50%を誇ります。

事業内容

家庭用健康医療機器の開発・販売、
健康管理ソフトウェアの開発・販売、
健康増進サービス事業の展開など

事業所

  • [本社]京都
    [生産・開発拠]
    日本:三重県
    海外:中国、ベトナム、ブラジル、イタリア
  • [開発拠点]日本:京都
    中国:大連市
    [国内営業拠点]東京、大阪、福岡
背景固定画像1
OSS

社会システム事業Social Solutions

気候変動の解決には再生可能エネルギーへのシフト等、多くの課題があります。
オムロンはこれからも再生可能エネルギーの普及、デジタル社会のインフラ持続に貢献していきます。

SF2030
Vision

Design Next Social Structure
~ソーシャルオートメーションで、人と社会を有機的につなげ“ソーシャルグッド”を生み出す~

実現すること
  • 発電を安定化させる制御システムの提供
  • 現場システムの効率的な運用を支援するマネジメント&サービスシステムを開発
  • 社会インフラ全体の運用効率向上

事業領域

オムロンでは、これまでも太陽光発電や蓄電池の普及に貢献し、また社会インフラ領域においては、
さまざまな機器・施設の運用現場を熟知しながら、日本全国を網羅するサービス網を通じて運用・保守を支えてきました。
今後は、分散エネルギーの統合制御による発電の安定化など、進化したエネルギー制御技術で発電の不安定さを解消。
再生可能エネルギーの更なる普及に貢献します。さらに、沿革運用で行えるインフラ管理システムの構築など、
現場システムの効率的な運用を支援するマネジメント&サービスで、運用・保守プロセスを革新します。

事業規模

事業規模チャート1 事業規模チャート2

出所:2019年 NECA

事業内容

快適で安全な社会生活をめざした社会インフラのための多様なシステム(太陽光発電用パワーコンディショナ・蓄電システム、自動改札機・券売機など)の研究開発・製造・販売など

事業所

  • [本社]東京
    [生産・開発拠点]滋賀
  • [研究開発拠点]滋賀
    [営業拠点]北海道、宮城、東京、千葉、愛知、大阪、福岡

事業領域を知る
プロジェクトストーリー

03-01サムネイル画像

再エネ普及を支え、地域のレジリエンスを強化。
新たなエネルギーソリューション「V2X」

カーボンニュートラルへの実現や、地域社会のレジリエンス強化への期待が高まっている。オムロン ソーシアルソリューションズは、電気自動車向けエネルギーソリューション事業への新規参入を通じ、これらの社会的課題に挑戦している。

03-02サムネイル画像

誰もが安心・安全・快適に移動できる社会を。
自動改札機ビッグデータ活用による「Station Log」

私たちの生活に欠かせない交通インフラである、鉄道。鉄道事業者の安定した経営を実現し、誰もが安心・安全・快適に移動できる社会に貢献するべく、鉄道の経営課題解決を支援する「Station Log」が誕生した。

背景固定画像1
DMS

電子部品事業Device & Module Solutions

創業以来、電気を安全かつ確実に繋ぐ・切る技術を磨きつづけ、
高性能化したリレーやスイッチをはじめとしたデバイスを通じて、人々の暮らしと社会の発展に貢献してきました。
今後は、製品の電動化、高周波化を実現する技術、環境負荷の​低いデバイスやモジュールを軸とした
ソリューションで、新エネルギーの導入とデジタル化社会の実現を促進していきます。​

SF2030
Vision

我々の“繋ぐ・切る”技術を軸に、
顧客と共に社会課題を解決する

実現すること
  • DC機器の安全性を高めるデバイスの開発
  • 高速通信を安定化させるデバイスの開発

事業領域

電気を繋ぐ/切る技術で、高い性能と品質を持つリレーやスイッチを顧客の製品に組み込み、グローバルに広く提供しています。
今後は環境負荷の低いエネルギーの導入によりあらゆる機器が直流化します。この変化を踏まえ、オムロンは放電を安全に制御する技術や故障タイミングを事前に検知する技術で火災や感電を防ぎ、機器の安全性を高めるデバイスを創出します。
また、高速通信の普及では、耐ノイズ性能を高める技術とこれまで培った微細加工技術を用いた量産化により、
「途切れない接続」を可能とする高周波対応デバイスを創出します。

事業規模

事業規模チャート1 事業規模チャート2

出所:2019年 NECA

幅広い分野で人と機械を快適につなぐ先進的な電子部品を提供。
リレーの世界市場シェアは20%にも上り、家電・通信機器などの進化に貢献しています。

事業内容

電子部品(リレー・スイッチ・コネクター・センサなど)・モジュールの研究開発・製造・販売

事業所

  • [本社]京都
    [営業拠点]
    日本:東京、京都 愛知 他
    海外:東南アジア、中華圏、欧州、北中南米
  • [ものづくり(生産・開発)拠点]
    日本:全7拠点 熊本、愛知、滋賀、鳥取、佐賀、大分、岡山
    海外:欧州(イタリア)、中華圏(中国深圳・上海)、東南アジア(インドネシア・マレーシア)

事業領域を知る
プロジェクトストーリー

04-01サムネイル画像

「ニューノーマル」な暮らしを支える。
非接触ハイブリッドエレベータースイッチを生んだ共創

コロナ禍により社会的なニーズの高まる、「非接触」。電子部品事業は、人が直接モノに触れることなく操作できるセンシング技術を通じ、パートナー企業との連携のもと、ニューノーマル時代の暮らしを支えている。

04-02サムネイル画像

地球上の人々の安全・安心な暮らしを守る。
センシング技術で、高精度な気象情報サービスに貢献

近年、地球温暖化の影響で自然災害が多発している。電子部品事業では、高精度な気象予測による自然災害のリスク低減に向けて、センシング技術で貢献し、顧客との「共創」で社会的課題の解決に取り組んでいる。